So-net無料ブログ作成

451)祈る [家族]

整心療法研究所へようこそ。

今回は『祈る』について書きます。

どんなに愛する対象であっても、その人の人生を生きることは不可能。人は自分の人生しか生きられない。
他者のためにとどんなに願っても思い通りにはならず、時には腹を立て、感情のままに吐き出すこともある。その対象が近しい存在であればあるほど、制御は難しくなる。特に女性、なかでも母親の子どもに対するそれは強いようだ。
口に出さずとも態度の端々から強烈に放っている。時にその気迫は言葉以上のものがある。
そのエネルギーを違う方向へ転換させることができたなら、、、

その1つが「祈り」。
口に出さずに心の中で念じ続けること。

ある人のエピソードを思い出した。
四柱推命を中心に様々な人生相談をしているおばあさんに占ってもらった時に言い含められたことだという。

あんたは非常に強い星の下に生まれている。あんたはとても強い念を持っている。あんたの一念で人を殺すことができるくらいの強い念だ。自分が出した念はやがて自分に返ってくる。その強い念を人の幸せのために使いなさい。

その真偽のほどは知らない。
ただ、一念岩をも通す、との故事ことわざもある。
「祈る」は、愛する対象に対してできることの1つ。そしてシンプルでありながら、時として意識をすり抜けて相手に緩やかに、しかし大きな作用を与えることがあるのではと考えている。

450) 捨てる・手放す [家族]

整心療法研究所へようこそ。

今日は『捨てる、手放す』について書きます。

頭では分かっているけど、行動できない。

手放すことの不安に直面している。その不安を手なずけることがなかなかできない。

エイッと決意しても、不安が押し寄せてくる。そして捕まってしまう。

どれくらい繰り返しただろう。

そこにエネルギーを費やしてしまい、やがて疲れ果てる。「もういいや」と腰を下ろす。

誰にもありがちなこと。



捨てる、手放すこと=何もなくなってしまう。

こんな公式がどこかであるのではないか。

なくなる=消滅=空っぽ=穴=吸い込まれてしまう=恐怖etc



しっかり握った手にはそれ以上入らない、開いた時あらゆるものを掴める可能性が広がる。



捨てる、手放すの向こう側に描く世界によってそれは決まるのではないだろうか。

次の欲しい何か(しあわせ)を掴むために今掴んでいるものを手放す。

次の何かが間違いなく掴めるならきっと手放すことだろう。

ということは、今ある何かを捨てる、手放すことの不安よりも次の何かを掴むことの不安が大きいと考えられる。

捨てられない、手放せないのは実は次の何かに対しての安心感を描けないから。

それを描ければきっと捨てられる、手放せる。

こんなことを考えてみた。

446) 3月度関西出張のお知らせ [お知らせ]

整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。
従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい視点から人間の精神にアプローチする方法を研究・実践中です。

今日は≪3月度関西出張のお知らせ≫について書きます。

* 7日(火)~9日(木) 大阪市・和歌山市

面談・精神分析活用講座・≪鏡の段階講座≫他

フリートーク(テーマは「生活の顔」と「人生の顔」)

* 6日(月)・10日(金) 埼玉県大宮市



詳しくは、シニィアン研究所のHP http://signifiant-lab.com/ 
Twitter https://twitter.com/rakuhomanamiを参照、連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

≪気づいていないから症状を出す≫ 自分が何を言いたいのか解らないから、症状として表現している。 その症状の意味に自ら気づいたとき、症状は結果的に消える。 なぜなら、症状が気付きという言葉に置き換わったから。 不言実行の人は言葉で言う代わりに行動で表現している。 病気やけがは自らの身体を使っての表現。 人はその環境の中で一番表現しやすい方法を選択している。 環境が変われば表現方法も変わる可能性がある。 その表現に振り回されず、みること。 そうすれば症状の意味がみえてくる。 自ら気づくことが大事。 その気づきを、気づかないうちに自ら気づくように、そっと一滴を作用させるのが整心療法家。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。